スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.10.30 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

文化村ザ・ミュージアム ベルギー幻想美術館に行きました!

JUGEMテーマ:展覧会



デルヴォー、マグリット、ロップス、アンソールなど、
ベルギーの幻想美術家たちの絵が、かなりの数展示されていました。
全て、姫路市立美術館所蔵のものらしいです。すごいですね、この所蔵数。
特にデルヴォー、マグリットは大きめの作品が多く展示されていて、
結構観ごたえがありました。
こんなに、一挙に観たのは初めてかもしれません。

久しぶりにマグリットを観てみると、
以前と感じ方がかなり変わっていて、少々びっくり。
こういう絵は特に、感じ方が変わりやすいのかも。

一番印象に残った絵はやはり、この展覧会のメインとなってる
デルヴォーの油彩「海は近い」でしょうか。
ありえない構図なのに、
観ていると独特のフラッシュバック感があり、
一瞬、不思議な感覚に包まれました。



もう一つ、デルヴィルの油彩「レテ河の水を飲むダンテ」も素晴らしかった。
水を与えられ、救われるダンテを描いているのですが、
全体に、柔らかいピンクで描かれていて、色彩がとても美しいのです。
(掲載している写真とは印象が全然違いますよ。)
観ていて、とても安らかな気持ちになれる作品です。
印刷物では絶対に出ない色なので、実物を観れて本当に良かった。













スポンサーサイト

  • 2010.10.30 Saturday
  • -
  • 20:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック